<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ホームドクター診察日
d0015943_2044164.jpg


体重 6.65キロ 記録更新(笑) 
目の怪我 傷の状態はほぼ完治、でも何故か赤味が少し残っているため
目の表面を保護する ムコロイド点眼液 が処方される。
今コマーシャルでやっている「とろ~り目薬」系! 初使用なので私も使ってみたところ
結構面白い(謎) 嫌なベタつき感もないし、乾燥する冬場だけでも使っててもいいかもな~

先日行われたがん研で、ホームドクターと二次診療病院の主治医が話ができたそうだ。
ホームドクターとどういった形で、検査をすすめていくか相談になるけれど
イマイチすっきりしそうにない。
「頻繁におこしてきたら、専門の病院へ行く?」
「頻繁ってどのくらいの頻度? 二次診療病院の掛け持ちなんて無理だよ」 
んな感じで一向に話がすすまない(笑)
とり合えず、腫瘍系(ガン)の二次診療病院の検診を控えているので、
それがすんでから再度相談という形になった。

夜・・・・また、倒れる きゃお~ん (☆_@;)☆

夕食待ちで私に催促するため、バタバタする私の足に絡んだ。
これは絶好調の時する仕草だし、まだ夕食には早かったので無視をしていると
立ち上がった私の足に絡みながらマウンティングをした瞬間
前回および前々回同様に倒れる。 今回は舌の色が悪くなったので携帯酸素使用。
約5分後にはいつものGUNNに戻るんだけどな・・・・(大謎)

(画像) 久しぶりに裸んぼGUNN やっぱり太ったね(爆)
[PR]
by gunn_0615 | 2006-01-31 20:44 | ★心臓(房室ブロック)
検診前のチェック
d0015943_14222651.jpg

あれは駄目 これは駄目とダメダメ指示を出していた訳でも
GUNNを見ながら溜息つくような日々だった訳ではな~いぃ。
ネンのために来客をお断りし、急にびっくりする用な事や気温の変化だけ避けていた。

お天気がよかったDaddyがいる休日 (^Q^) 
「心配させるのが趣味なんじゃない?」 (誰の事?)
「別に今の様子見てても倒れないしね~」 
と・・・・こっそり、いつも遊歩道をのんびり歩いてきちゃいました。

雪後しっかり下が乾いてなかったようで、帰宅したらお見事なほど泥だらけ!
このままお風呂に入れたいところだったが、
さすがにそりゃ~無理しすぎだわヾ(ーー )ォィ ってことで
2時間ほどお昼寝をさせてから、脱衣所に暖房を入れ、
二次診療病院前の総チェックを含めたお風呂に、Daddyと一緒に入りました。

このところ両手を仕切りに舐めていたGUNN (倒れる前から)
まさか! と気にしながら、Daddyが注意しながら見てくれたが
怪しいブツ(腫瘤)はなし! ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
一時期異常なほどに増えた、背中のホクロも ??? なくなっていたらしい。

夕食時には、たまご、はまち、大根を食べながら晩酌のお付き合い。
楽しかったね GUNN *^-^*

(画像) お風呂内、汗をかいたとうちゃんって美味しいそう~♪
[PR]
by gunn_0615 | 2006-01-29 14:20 | ★日々の様子
のんびりとした日々
d0015943_15201447.jpg

24日からは何事もなく、のんびりぃ~した日々を過ごしています。

玄関に貼紙をしているというのに、何故か毎日鳴るインターホン (☆_@;)☆
居留守を決めて応対はしていなけれど、小さな音でも鳴ると聞こえるんだよな・・・・
寝てて飛び起きて、軽く吠えながらインターホンの下へ向かうGUNN
ドキ!とするけど・・・「ママお客さんだよ? 出なくていいの?」って顔を見るとホットする。

近所のワンが吠え出す。 一匹が引き金をひくと・・・あちこちで大合唱(笑)
聞こえる方面に向かって、GUNNも応戦。
慌ててテレビのボリュームをあげる・・・ 窓をあけてない冬でよかった (^-^;

お釜が壊れつい最近買い換えたばかり、炊飯中のカチカチと圧力をさげる音に喧嘩をうる。
炊いている間中、立ち上がり抱っこしていないと興奮は絶頂に 。。。。
慣れてくれ~いい加減!

28日の土曜日に、がん研究会で飼い主用のセミナーが始めて開催される。
何ヶ月も前に予約し、楽しみ?!にしていた。
自宅でDaddyと留守番していてくれると言ってくれたが、ホームドクターもがん研参加
車でDaddyと待ってる案も出たが、車に近づく人にひどく吠えるGUNN
結局、GUNNのための勉強だけど、行って倒れたら後悔するよな・・・ってことでやめた。

いつまでこんな警戒態勢をはらなければいけないんだろう?
パグは興奮すると気管の関係で時々倒れる子がいる。
日に何度も倒れなければ大丈夫! って・・・・気持ちと、
ホームドクターに言われた心不全の可能性や、
ガンというリスクを抱え、想像はいろいろと膨らむ。
考えなければんだ!って思うけれど、今更無理ってもんだぁ~(笑)
頭を切り替え他の用をはじめても、外の音に反応し目をさますとドキ!し引き戻される。

一日の中でも、私の気持ちが上がったり下がったり
白黒つけれない場合もあるので、過度は負担をかけるくらいならば
今回はグレーでもいいとは思っているが・・・心配症な私に気持ちが切り替えられるか(笑)

日中は寝てばかり(爆) 窓辺でカチカチになるよ~って程の日差しにもめげず日光浴。
食欲はあって、私達の夕食中&後にはおねだりモード
すこしだけDaddyと遊んで、しっかり夜も寝ています v(^o^)
[PR]
by gunn_0615 | 2006-01-27 15:07 | ★心臓(房室ブロック)
また・・・倒れた
d0015943_1441451.jpg

23日はお隣さんがちょっとした用事でインターホンを鳴らした。
人間には聞こえるか?聞こえないか?程度の音なのに
やはりワンコのGUNNには聞こえた様子で
いつもほどではないが、コタツから飛び出てきた。
焦らず、のんび~りとインターホンをとると吠える事もなかったが
2~3度しかあった事のないお隣さんなので、
ネンのためにGUNNを抱きあげて玄関をあけた。
しかし開けた途端吠え始めたので、
慌てて(無理やり)家へ上がって頂き、用を済ませた。
(家へあげちゃえば・・・さほど吠えないGUNN)
お隣さんが2時間ほど滞在
動くたび、すこし興奮し吠えていたけれど倒れることなく無事クリアできた。

しかし・・・
24日はヤクルトさんが来る日、GUNNはヤクルトさんが大好き♪
インターホンで吠えても、玄関をあけるとすぐにわかって吠えることはない。
ネンにはネンを入れておこうと
予定時間より早めに起し、窓際で日向ぼっこしながらまったりさせておいた。
ヤクルトさんは張り紙を見て、インターホンを鳴らさずに
携帯へ「今玄関の前です」とメールをくれた *^-^*

まったくヤクルトさんが来ていることに気づいていないGUNN(笑)
ゆっくり私だけ玄関に向かい、GUNNにおいで!と声をかけると
前足をのばして、後足をのばして・・・なに?と小走りにやってきた。
そこでお客さんだよ!と声をかけ、GUNNの様子を見ながら玄関をあけてみた。
案の定、一声もあげず、ヤクルトさんとすぐ判断し前足をあげ立ち上がって
いらっしゃ~いの挨拶をすること10秒~15秒
玄関に背を向けリビングに戻ろうしたので、おかしいと思った。
すると・・・2~3歩歩いた途端倒れた。

倒れ方は前回を同じで、後脚が脱力しスローモーションで横倒しになる感じ。
そのままの状態で手足のつっぱりがないことを確認し
声をかけたら、目だけこちらを見た! 今回は反応がしっかりしている。
それから、色よくみせて~と触ってると
自分から起き上がろうとしてきたので、手をさしだして抱いてやる。
5分ほど大人しく私の腕の中にいたが、
(ヤクルトさんが来ている時、大人しく抱かさっているのは珍しい)
降りたい仕草を見せたので降ろしてやると
私のズボンに涎が・・・・・(謎)<GUNNが顎をつけていた位置。
ちょ~と元気ないか? 程度でその後はいつもと同じGUNN。 食欲もあり。

今回はさほど興奮していない。 けれど・・・倒れた?!
急に起き上がらせてない。
過度の興奮状態ではない。
玄関をあけた冷たい風?
股関節もしくは膝がはずれた? にしてはおかしいよね?

やはりわからないけど・・・19日と今日と続いていたため、たまらず
ホームドクターへ電話連絡を入れてみた。

1 不正脈の失神の可能性が一番高い
2 痙攣も100%否定はできない(硬直型?の痙攣以外も少数だがある)
3 脳内の問題も考えられる(腫瘍など)
4 軟口蓋や気管虚脱などの問題ではないだろう
  (通常のGUNNを見てと、
  そのため倒れるならガァガァしているとか普段よりいびきがあるはずだと・・・)
5 レントゲンを撮って心臓を見ても、今程度だとさほど肥大してないかもしれない
6 採血をしても、心臓を疑うような異常が出ているようなら
  通常でも生活面で問題が出てくるはず(咳や倒れる前の異常な行動)
7 フォルター心電図をしたほうがいいかも?(大学などへ紹介 知り合いではいない)
8 来月頭の二次診療病院(がん専門)でネンのためCTを撮って貰うか
  (無麻酔でできるので)

ということで所見 ・・・・ だからなに?って感じだけど
今週末行われるがん研で、ホームドクターと二次診療病院の主治医が会う。
話ができたら、相談してみて下さるそうだ。
もちろん、その間再度倒れるたら必ず連絡してくるように言われた。

とり合えず続けざまに倒れたため、
できる限り興奮させないようにと、お散歩禁が出てしまったがGUNNだけど
倒れる以外はいつもと変わりありません v(^o^)

(画像) コタツで寝ていたのに目薬のため引っ張り出された・・・そしてそのまま寝る(笑)
[PR]
by gunn_0615 | 2006-01-24 14:40 | ★心臓(房室ブロック)
ホームドクター診察
d0015943_15512750.jpg

朝起きたら、雪はやんでいたけれど駐車場に雪が積もっている (☆_@;)☆
このまま凍ってしまったら車は出せない!
午前中夫婦で頑張って雪かき(笑)をしました。

やはり一度先生の意見を聞こうと午後診一行って来ました。
目はもう少し点眼が必要との診断
やはり治りが遅いけれど、日々凹みも少なくなってきているし充血もとれはじめてきている。

で・・・・19日(木曜日)の件を細かく説明
「心雑音がある」と二次診療病院で言われているGUNNなので
ホームドクターも心臓をまず心配しているようだ。
寝ていた状態から急に極度の興奮に入ったので脳貧血ではないか?と聞くと、
基礎疾患がないと考えにくいとの返答。
心臓でも痙攣でも倒れた直後でないとはっきりした検査はできないらしい。
ま~ 見た目痙攣ではない様子だし・・・・
ワン用にもポータブル心電図つけてみる?と言われたが
経験上ジャマなのはよ~く知っている(爆)
近々がん専門の二次診療病院の予約も入っているので様子をみようということになった。

ホームドクターが私の説明を聞き、まず心臓を疑ったことがちょっとショック
かといって、繰り返さないかぎり過度の検査などは望まないし・・・・
フツフツモヤモヤ、友人に電話してみると
結構パグって興奮すると倒れる子がいる!って事が判明 (^-^;
いつもの悪い癖 「心配のしすぎ!」ってことでちょっぴり落ち着きました。

とりあえず、できる限り倒れるかも?しれない状況を少なくしよう。
インターホンが鳴って知っている人だと
玄関をあけてすぐにわかるので興奮も最高潮にはならない。
要注意は宅配! 容赦なく吠えまくる。
郵便局の方によく「脳溢血で倒れない?」と心配されるほど・・・ヾ(ーー )ォィなので
インターホンの音を最小にし、
「宅配業者の皆様へ インターホン&ノックお断り 電話して」と張り紙中ですぅ (^Q^)
でもって・・・電話もらったら
一旦サークルへ閉じ込めて、宅配さんと対面させないようにしようと思う。

(画像) 食後の顔拭き いや~んと毎度毎度パスしたがるけど、結構拭かせてくれます♪
[PR]
by gunn_0615 | 2006-01-22 15:50 | ★心臓(房室ブロック)
倒れた?! その後
d0015943_23402921.jpg

ご心配お掛け致しました。
その後特別変わった様子もなく、再び倒れる?事もなく元気ですぅ。

たぶん大丈夫だと思いながらも、やはりドキドキしていた私
インターホンの音を小さくし、急に起きて興奮するような事をできる限り避けて過ごしている。
来週は再診予定が入っているので、その時にでもと思っていたが
なんか怖いし (^-^; どんどん想像が膨らむ(謎)
どうしても目で追ってしまう事が多く神経も使しね ヾ(・・;)ォィォィ
こんなにドキドキしているくらいならと、今日病院へ行こうと昨晩Daddyと話していたが、
起きてみたら大雪! (@@;;;;;;;;  ひぇ~ 
スタットレスをはいている訳でもないし、チェーン巻くの?としばし考えるが、
・・・・まっ いいか!て事になった<いい加減?!

のんびりと朝ご飯を食べゴロゴロ、お昼おなかすいてないよね~と言いながらも
ミートパイとアップルパイを作ることに・・・・
Daddyが、冷凍してキープしてある葡萄で(砂糖抜きでも葡萄があれば作れるよ)
GUNNも食べれるリンゴジャムを汗をかきながら作ってくれた (◎^o^◎)
お昼を食べたら、再び寝ていたDaddyとGUNN
まぁ~ よく寝る2人だこと(笑)

ちょっとお腹が緩かったので、お昼は様子見で食べさせられなかったが
夕食時には、晩酌をするDaddyの横で美味しそうにリンゴジャムを食べていました。

(画像) ベランダにて雪見学♪ 空から降ってくる白いものにやはり吠えた(爆)
[PR]
by gunn_0615 | 2006-01-21 23:59 | ★日々の様子
倒れた?!
d0015943_1946321.jpg

びっくりするようなタイトルでごめんなさい <(_ _)>
まず始めに、今はいつもどおりのGUNNです!って前おきしてから書き出しますので
落ち着いて読んでください。

私の足元のコタツの中で、しっかりと熟睡していた訳ではなく、
テレビから聞こえる犬の吠え声にコタツの中からお返事をする程
浅い眠りに入っていたGUNN。

来客のピンポンに反応しいつものように、コタツから飛び出てきた!
インターホンで応答している間、「ワンワン ワンワン」
宅急便だったので、ドアをあけドアの手前の柵越しに全開のワンワン攻撃
はんこを押し、いつも元気だね~と褒められ (^-^; ドアを閉めた途端
GUNNはリビングへ逆戻りしだした。

しかし、戻るGUNNの後ろから見ると足取りがおかしい・・・・
また膝が抜けたのか?と一瞬誤解するが??????
両後脚が異常に開いた状態でやっとこ歩いている感じで、
どうも膝がぬけたにしてはおかしい。
コタツ布団までだどりつき、下半身が脱力するようにもたれかかった途端、
お座りの姿勢をキープできずに、左側のコタツ布団にゆっくりよりかかったが、
そのまま体が揺れ右側にパタンと倒れこんだ。

まるでスローモーションを見ているようで、何が起こったかまったくわからず
GUNNに近づき手脚の硬直を見たが、つっぱり箇所や震えている場所は見当たらないので
とりあえず痙攣発作ではないと判断。
ゆっくりとGUNNを後から抱き上げ声をかけるが・・・目は開いているのにこちらを見ない。
意識がある? ない? 
抱き上げた際GUNNの脇の下へ手が入ったので、
一方の手を抜き、GUNNの鼻の前に手のひらをあてがいまず呼吸を確認。
・・・・・・・呼吸はしている!
その後、逆の手で心拍をみようとしたが、
私のドキドキの方が大きく脈がとれない (^-^;
落ち着け! 落ち着け! ・・・・・
いっち にっ さん・・・・・と声を出しながら、やっとの思いで10回数える事ができた。

計ってみたものの正直そこまで冷静な判断をできていたか定かではなく(笑)
心拍は早いがOK!とりあえず判断をした。
5分ほど(時計で確認)そのままの状態で静かに抱いてやっていたが、
まったくの脱力状態。 しかし再度声をかけるとこちらを見た。

意識回復? いや びっくりしただけ??? まずは反応あり!と
目線の高さにGUNNをしたいので、ソファーにゆっくりおろす。
ちょっと慌てた様子でソファーからおりようとしたので、声をかけやめさせる。
よっしゃ! 動きあり!

その後、正面から目の色 耳の色 口を開けさせ舌の色を見ると
チアノーゼを起していると断定できるほどではないが
舌の色が白から紫がかっていた。(どすぐろい紫ではない)
ワンのチアノーゼがどの程度なのか経験がないからわからない
しかし色はいつもと違うことは確かだ・・・・・・・  どうしよう!! 

その後ソファーからおりたそうな仕草を見せたので
手を差し伸べゆっくりおろすと、
しっかりした足取りで2メートルほど先の窓際ベットまで移動しそのまま伏せ。

ホームドクターは木曜休診 ん~~~~どうする? いや 今は普通だ。
慌てることはないと自分に言い聞かせ、
なにげなく側につきながらGUNNの様子を観察していたが
いつもの眠そうなGUNNと変わりはない。
でも不安だ! 
今まで知らない来客にワンワン攻撃をしていても
倒れたことなんかないじゃないか・・・・・ 悩むが
歩いて3分の知らない獣医へ連れて行くのは、危険だし
それほどの緊急性はなし! と深呼吸をする私。

それから犬の事に詳しい友人へ電話し状況を説明していると
やっとこ体の震え(私)がとまった。
しゃべりながら、再度舌の色を見ると、ピンク色が戻ってきていた。

なんだっただろうか??
寝ていた状態から急に興奮状態にはいったための脳貧血
(起立性低血圧もしくは一過性の脳虚血症)だろうか?
軟口蓋ぎみだと言われているGUNNだし、気管支虚脱も考えられる。
挙句心臓も肥大ぎみ
んん・・・再度繰り返さなければ急ぎ検査はしないけれど、気になるぅぅぅ~
ネンのためインターホンのスイッチを切り大人しくしています。
[PR]
by gunn_0615 | 2006-01-19 19:45 | ★心臓(房室ブロック)
再診日
d0015943_1934499.jpg

目の検査のため、ホームドクターへ再診 (体重 6.55)

アトロピン点眼液のみ痛みの強かった3日間さし、 抗菌剤入り抗生剤とパピテインだけ指示どおりさしていたけれど
いつもに比べてちょっと治りが遅いのでは?と感じての受診になった。
案の定 思ったより傷が深かったようで、傷をつけて6日目(点眼開始から5日)でも
眼球の凹みが肉眼でもわかるし、白目の充血がちょっと残っている。

もう1週間点眼指示 傷に向かって充血が広がるようなら(今現在白目のみ)要注意と言われちゃった (^-^;

画像 いい子に目薬しているように見えるけど、結構顎に力はいってます(笑)
[PR]
by gunn_0615 | 2006-01-18 19:29 | ★その他の体調
暖かな日
d0015943_17415425.jpg


週始めに膝の調子を崩し、その後目を怪我して・・・
なんだか元気なんだか?具合が悪いのか?痛いのか?わからない状態が続いていた。
Daddyがいても寝てばかり・・・夜中も身の置き所がないのか?うろうろ室内をするし(謎)
「なんかおかしいよね?」 「仮病?」 「なんか具合他悪いんじゃない?」
などなど推測していた1週間だった。

絶好調な時はお天気をカーテン越しに確認し、
Daddyがお休みだとわかると、GUNNの洋服箪笥の前で直談判をし
お散歩連れてって~攻撃を発するGUNN♪
朝起きると今日はとっても暖か! でも直談判はしない(謎)
Daddyに甘えたくて後ろでじーと固まりながら彼を見詰めるのみ。

ダメもとでお散歩へ誘ってみたらはしゃぐはしゃぐ ふきふき"A^^; 汗
のんびり歩こう 膝があがったら帰ろうねと近場の公園へ出掛けてきました。

セーター一枚で過ごせるほど暖かで、じんわりと汗ばむほど
日差しが強く目は開かないが・・・膝は調子がいい ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

走る事を制限できない駄目な飼い主だな~と思う反面
GUNNからカッ飛びをとったら可哀想すぎる・・・
わかりながらも、ロングリードでダッシュを待つGUNNを呼んでしまう。

5分ほど好きなだけカッ飛ばせてやり、あとはのんびり散策
夏に石集めのため遊んだ人工の川だけは・・・静止!
正面から見たら「お魚いないの?」を不服顔?だったのかもしれないけれど、
Daddy撮影の雰囲気ある画像で私の今回のお気に入り一番です!
[PR]
by gunn_0615 | 2006-01-15 17:38 | ★日々の様子
小さなトラブル
d0015943_1741844.jpg ホームドクターへ受診
  (体重6.55キロ)

またまたやっちゃいました~ (☆_@;)☆ といっても久しぶり、約2年ぶりの目の怪我。
水曜日の夜に目をしばしばさせているので「やたら眠そうだよね」なんて思っていた。
木曜日の朝にやっとおかしい!と気づいた(笑) 画像のように下の目の縁が腫れベロロンと見えていたから・・・・日の光に当てて眼球を見ようとすると開けない。あらら~ こりゃかなり痛みがある様子。 木曜日はホームドクターの休診日、千葉に来て始めて目を怪我したのでキープしている点眼薬はない(涙) 我慢しなさ~いと言っても痛いものは痛いのよ!と元気がないGUNN 本日朝一病院へ行って来てきました。 ハイ
左目中央に結構大きな丸い傷を確認 傷は幸い深くはない様子
とはいえ・・・毎度のことでどこで怪我したのやらまったく不明なのですわ (^-^; 
3歳まではホントちょこちょこ目を怪我をしていたGUNN。 たぶん5回以上10回未満(笑)
パグの中でも目は大きい方だと思うし、性格的にチャカチャカしているしね(爆) 
ここ2年、目怪我しなくなったね~やっぱり注意力が出てきたんだわ (^Q^)
なんて思っていたというのに ・・・しばらくは点眼生活です。
ま~ 寝てても嫌がらずささせてくれるほど、目薬馴れした子だから楽勝だよd(^-^)ネ!

処方箋   抗菌剤入り抗生剤  パピテイン アトロピン点眼液

ついでに、膝の様子を確認してもらう。
10日の日、左後ろ肢があがったままで膝がいつものように簡単に自力で入らず
3本脚状態のままになり、部屋の中ですら歩きたがらなかった。
診察の結果、先生も苦笑いが出るほど簡単に膝が抜け(膝蓋骨亜脱臼)
手術する?と言われるが・・・できればパス。 
今回は復活まで丸1日かかってしまったけれど、普段はさほど痛みがある様子ではない。
なんとか誤魔化し維持する方法を選択した。<今のところ
今まで同様、「冷やさない」「飛び乗らせない」を徹底する事を再確認され
カッ飛び走りは・・・たま~にね♪と言われちゃった ヾ(ーー )ォィ こりゃつらい!
[PR]
by gunn_0615 | 2006-01-13 18:28 | ★その他の体調