<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
第2度房室ブロック ホルター心電図
GUNNの一過性に倒れる症状の原因を調べるため、
循環器の専門医(不整脈が詳しい)から、ホルター心電図をレンタルし装着しました。
1日ではなかなか診断しにくいとのことだったので、
10月13日(土)の朝から16日(火)の朝までの3日間です。

しかし、その3日間で倒れるようなシュチレーションをたびたび作ってみたものの、
まったく倒れず・・・ 「これじゃ~診断つかないわ」と、諦めムードが漂いながら、
16日の昼 宅配便でホルターと行動記録を返却

あ~あ できたら少ない負荷で、診断がつけばと選んだホルターだけど
無駄な負担をGUNNにかけてしまった。 ごめんね など過ごすこと数日(笑)

19日 ほぼ診断がついたので来て下さいと!!
20日 行ってきました。<循環器専門医

診断結果を書く前に・・・ 
GUNNの勇士?を見てやって下さい   がんばりましたよ~ (◎^o^◎)

動画はこちらへ

※ ボリュームの注意 ※


【第2度房室ブロック W型】

心臓の心房と心室の中継地点にある房室結節の神経細胞のトラブルだそうです。
GUNNの場合、知らない人の来客で頻脈(早い脈)となり、
ストレスがかかり急に徐脈(遅い脈)に変化
間隔が不規則となり、(倍以上の間隔になっているところがあり)
そこに小さな波形が1つ(心房波)が出現
間隔が長くなったところは、心室拍動が1拍脱落(抜ける)するので
心室からの血液が拍出されません。
これが連続して起こると拍出量(1分間に心臓から拍出される血液量)が
減少するため、ふらついて失神するそうです(Adams-Stokes発作?)

第2度房室ブロックには2つの型があり、
GUNNのⅠ型のWenckebachは、急死することは、ほぼないと説明をうけました。<ほっ
もうひとつの、第3度房室ブロックに移行やすいMobitzII型よりはまだいいのかも? 

しかし・・・発作を起こせば、房室結節の神経細胞にダメージを起こすため、
発作の頻度が増す可能性があるとの説明も・・・・そうなると、んんんんんん
GUNNのQOLを保つことが悩みのタネとなりそう ・・・(悩)

この不整脈にはお薬はないそうで、将来的には・・・?との不安もあるけれど、
循環器の専門医と相談の結果、
飲んでないよりはマシってことで、サプリメント アシスハートQ10の服用を始めました。
(ペースメーカー入れるほどの頻度ではないらしい)

http://www.cardiac.jp/view.php?lang=ja&target=grade2_avb.xml
http://udatsu.vs1.jp/av_block.htm

あと、オマケも(笑) 
洞性不整脈もあるGUNN 洞停止が・・・数秒 ( ̄□||||!! でてました。
房室ブロックも洞停止も ・・・麻酔大丈夫?? <肥満細胞腫とのかねあい

・・・ だらだらと書きましたが 

3日間の心電図をすべて頂けた。(コピー)
私が記載した行動記録と照らし合わせると、結構面白い v(^o^)
ご飯前 寝ているとき お散歩中 などなど もの凄くお山が変化する。
少しづつ散歩で心拍があがり走る場合(全力疾走も)
来客などの突然のストレスではないので、房室ブロックはでない。
運動制限なし! 食制限もなし! これはGUNNにとってらっき~♪ですよね?

ほんの数秒ですが意識を失うことがある。発作を見ないと・・・
MRI撮らないとわからない。
てんかんかもしれない。 などなど、いろいろな獣医師の見解がありました。
時間の経過とともに、他の症状が出てこないため
あまり気にせずにいようと思いながら、そんなこんなで1年半を超えてしまいました。

知らずに不安でいるよりは、
知った上でふせげるものならふせいでやりたい。
ふせげる方法はないのか?という思いからの検査
私自身がGUNNを見ていて心臓では?と疑いをもちながらも、
どんな心疾患なのか? どういうタイプの不整脈か?がはっきりしないうちは、
不安で目を離さないようにするしかありませんでした。

走るのが大好きなGUNN 
散歩中は後から足取りを凝視(笑)してヒヤヒヤしていたのは事実。
きっと怖い顔してたろうな~ ふきふき"A^^;
でも、今回の検査で
全力疾走させた時の波形も安定していたことを確認できた。
将来的にはわからないが、今は心からの笑顔で走ることを見守ってやれる。

GUNNがホルターをレンタルした病院では3日のレンタルでなんと1万円
もの凄く安いと思いませんか?
病院名を知りたい方は、情報提供しますのでご連絡下さい。
背中に背負ったホルターは90万ほどのものなのにね。
壁にこするな ・・・ (その程度じゃ壊れないそう)
万が一でも背中に水分こぼすな ・・・と、ヒヤヒヤでした(笑)

ここまで行き着くために、相談にのって下さったみなさま
BLOG上で申し訳ありませんが、ご報告させて頂きます。 ありがとうございました <(_ _)> 
前を向くまで、もう少し時間がかかるかもしれませんが
GUNNともども、今後ともどうか宜しくお願い致します。

[PR]
by gunn_0615 | 2007-10-23 09:02 | ★心臓(房室ブロック)