脾臓の細胞診
ご報告が遅くなりました。
12日二次診療病院にて、脾臓の腫瘤をエコー下で針生検をしてまいりました。

d0015943_1553551.jpg【脾臓の結節性過形成(白脾臓の過形成)が第一に考えられる】

・・・ 平たく言うと良性の可能性が一番高いってことです (◎^o^◎)
大変 ご心配お掛けしました。

ちょっとしたおまけつきもあるので、
本サイト 肥満細胞腫 MCT にて、
詳しく報告させて頂いております。


影ながら祈って下さったみなさま
アドバイス下さったみなさま
訳わからんけど(笑)といいながら・・・
頑張れコールして下さったみなさま

ありがとうございました。


脾臓摘出したわけではないので、100%の診断ではありませんし、大きさを増せば、
再度の検査もしくはなにかしらの手段にでなければならないのかもしれません。
将来的には皆無ですが、
マスを持ちながらも脾臓が温存でき、しばらく要観察をするお守りを得ることができました(嬉) 
[PR]
by gunn_0615 | 2007-12-14 15:58 | ★肥満細胞腫
<< 画像 脾臓の腫瘤に対しての方向性 >>