今はまだ要観察を続けるしかない
d0015943_15124941.jpgなにから書いていいのだろう? 
いろいろとあっただけに、ここまでサボると訳がわからなくなる(笑)

以前からGUNNを悩ませている一過性に倒れる症状が、昨年12月に入ったあたりから、少しづつ回数が増えてきていた。
年明けの1月になると・・・
来客以外のちょっとした興奮でも倒れることが毎週のように続く。

昨年10月の3日間のホルター解析の結果では、2度の房室ブロック Wenckebach型が、GUNNの興奮時に出て、連続してこの不整脈がでると倒れるのでは?という診断だったのだが
その後 あちこち調べ続けていると、どうにも腑に落ちなかった私 <ヒト医学から


1月末、ヒョンな事からとある大学の心臓に詳しい先生と、お知り合いになれるという偶然に恵まれた。 今までの経緯や倒れる前後の様子などを話してみると、
メール上だけでは、やはり心臓を疑われた?のだが、
ホルター解析で出た、GUNNのタイプの不整脈は、健康な犬にも見られる不整脈で、
失神に至ることは非常に希だというお話。

「2度の房室ブロック Wenckebach型」に対する、異なる獣医師の相反する意見に当惑
とはいっても、現実 これだけ頻度が増してきて生活面で目が離せない。
どうにもならないにしても、他の先生の意見を聞くこともいいのでは?と、
その先生に診て頂くために大学を受診してみることにした。

一連の検査 (心エコーと短時間の心電図  NT-proBNP)
心臓そのものには、倒れるような問題がみあたらない。(どこの病院でもこれは同じ)

ならば・・・何故? ということになる。

GUNNの場合、来客などの興奮が一過性の失神の引き金になるため、
交感神経が高まっても(興奮しても)、アドレナリンを結合できなくし、
心臓の拍動数が減少させ、血圧が下がってくれるようなお薬を
試験的につかってみてはどうか?ということを提案された。

ホルターを解析して下さった先生は、頻度が増せばペースメーカーしかないと、
言われていただけに、八方塞がり
大学でのトライ&エラーの治療 うまくいけばめっけもの!とチャレンジしてみることにした。

そのお薬(アーチスト)を、少しづつ増量しながら服用すること3週間
それから効果判定をするため予約を入れていたのだけれど・・・
これの期間、GUNNも私もつらかった。

お薬の副作用に関しては
すこしだるそうにしたり、ふらつくような事があるかもしれないという説明をうけていたが、
そんな様子はさほど感じず、(後日中止後言われてみれば程度)
一過性に倒れる頻度は増し、伏せをして寝ている時に突然奇声をあげ、
亀のようにひっくりかえるなどなど、症状自体は明らかにひどくなってしまったのだ。

2月中旬 大学再診
アーチスト(カルベジロール)服用によって、
頻脈性不整脈からくる症状ではないと断定できたことになるらしく
九分九厘心臓からくる一過性の失神ではないとのこと。
一過性の倒れる症状がでるまで、ホルターを装着することは現実的ではないと・・・
てんかんの疑いが再浮上。
発作時のムービーを撮影し、頻度が増してきたら脳神経科へ受診してみては?
という話で大学受診を終えることになる。

アーチスト(カルベジロール)は急に中止できるお薬ではないため、
それから減量開始したのだが、最終的に中止するまでの2週間は、
いつもシチュレーション(来客や飼い主の帰宅)の他に、
外出時に車が下りるときや、食卓にのるGUNNの好物にまで反応し、
ちょっと興奮でお座りをしているのに、ピントがあわなくなり、
体が脱力してきて、ささえてやらないといけないようなことが多々続く。
そんな感じで、お薬を服用し始めて中止するまでの5週間は、
かなりヒヤヒヤした日々を過ごしていたのでした。(涙)

今回の大学での投薬では、
頻脈および徐脈 双方の不整脈からくる失神だと否定できたことにはならない。
あくまでも頻脈性不整脈にからくる失神の可能性の否定できただけのこと。

各心臓に長けた先生の「2度の房室ブロック Wenckebach型」に対する意見が、
異なる訳だから、仕方ないのだが・・・
GUNNが3日間ホルター装着時に倒れるようなシチュレーションで、
房室ブロックがたまたま出たのは偶然と解釈していいのだろうか?
他の状態では、いっさい房室ブロックは出ていないだけに、考えてしまう。

試しに抗けいれん剤を服用させる手もあるのかもしれないが、
多発性肥満細胞腫も もっているGUNN 肝機能を大事にして何ぼの世界(意味不明)
部分発作的はGUNNの症状には、一般的に獣医が処方してくるフェノバールは
あまり効果がない? 効果が期待できないのに肝機能だけ痛めつけるのではないか?

それにしても、ちょっとした興奮でコロコロ倒れらえると、
さすがに目が離せないし、かなり神経を使う。
んん~ 困ったなぁ さてさて どうするべぇ~ 
取り合えず 倒れるときのムービーを撮ることに専念しながら ぼちぼち考えていたら(笑)
暖かくなってきたせいだろうか? 去年同様 一過性に倒れる症状が激減してきた♪

ということで、現在 安定した日々がおくれていまっす (◎^o^◎)
今は弄るべからず(笑)  まだまだ 白黒つけずグレーいくのがベストなようです。

追伸 またまた小難しい話ですみませんでした <(_ _)> 
[PR]
by gunn_0615 | 2008-03-16 15:16 | ★心臓(房室ブロック)
<< まとめてぇ~ 元気な様子 伊豆旅行 >>