高度房室ブロック
d0015943_16445490.jpg

一過性に倒れるGUNNのもうひとつの既往症の頻度が増してきてため
昨年10月に受診した病院でお借りし
11月1日(土)朝から4日(火)の朝まで 再度ホルター心電図をつけることにした

この3日間に賭けていたこともあり 何度も倒れそうなシュチエーションを設定
なんて 非情な飼い主だろう・・・?
でも 止まれるものなら止めてやりたいという思うのみで心を鬼にしての決断だった

昨年のホルター前後からいろいろな獣医の意見を聞いた
人間の医療従事者からのアドバイスも幸運にも多々頂いた
意見がもらえそうなごくごく親しい友人を含め
いろいろな方に失神するときのGUNNのムービーも見てもらった

「てんかんだろう」 
「てんかんに決まっている」
「○○先生がてんかんの可能性が高いといったらてんかんでしょ」

もちろん 私と同意見のてんかんではないのでは?という意見もあったにはあった 
でも 獣医学やヒト医学にたずさわる人ではないために 揺れる私の思い
正直 もういい! わかったから・・・我をはってごめんなさい
参りましたって ・・・って状態でした(笑)

獣医学では 麻酔を必要とするわん&にゃん ヒトのように正確な脳波が取れないため
てんかんの確定診断をするのは難しく 
失神するような場合は他の原因からの消去法をとり
なにも該当しない場合てんかんと言われることが多いと聞く

GUNNの場合 最近 遊走運動 (四足で自転車を漕ぐような仕草)が出てきており
いよいよてんかん説が濃くなってきてしまった
でも・・・・ でも・・・ はじめの頃は こんな仕草はなかったと私だけが知りえる事実
てんかんだとしても 重責や群発がなければ大丈夫とねばってはきたけれど
最近では 失神時 舌が真っ黒になる事(チアノーゼ)があり
要観察を続けるにはさすがに不安が募ってきていた
なので・・・
今回のホルターで結果が残せない場合 自らの観察能力に?自信を失った私は
抗けいれん薬を飲ませると決めてのトライでした(自分で勝手に決めていた 笑)

そして とうとう下った確定診断は 【 高度房室ブロック 】というものだった

房室ブロックは心電図所見により  1度から 3度に分類される
1 度から3度になるに従い 重症度が高くなる

1年前のGUNNのホルター結果では 真ん中の2度で
それも軽度Wenckebach型(実際にGUNNは倒れてない波形)だったのだが
今回 2度と3度の中間ともいえる高度房室ブロック(advanced A-V block)が
GUNNが倒れたときに出ていた
解析してくれた先生曰く 3度に近い状態とか?!

また 難しいって言われちゃうかな?(笑) 要するに・・・
ホルター解析結果と ホルター時に私がつけた行動記録が完全に一致し
確定診断ができたということです!!

高度房室ブロックとは
心房興奮の多くはブロックされているが時に心室へ伝わる状態で
一般的には 2:1 伝導より伝導比の悪いものを示す

またまた 平たく言うならば・・・(爆)
私が「GUNNが倒れた」と記載した時間に 高度房室ブロックという一過性の心停止をおこす
不整脈が出てたちゅ~ことです

房室結節に器質的障害を起こしたため 好転することはないそうで
ペースメーカーしか治療法はありません 
危険を回避するためにはすぐに対処をしたいところなのですが
倒れる頻度や心停止している時間などを診ながら
半年ごとにホルターを装着し ペースメーカーを入れる時期を見計らうことになりました

もっと詳しく知りたい方は・・・
「アダムス・ストークス発作(Adams Stokes 症候群)」とか「高度房室ブロック」などで
ググって見て下さい
犬の場合はほとんどヒットしませんが ヒト医学で多数出てきます
どうして犬の場合ヒットしないか? 
それはね・・・なかなか見つけられないからだそうです(笑)

さすがに想像を超えた結果だったため 数日間は立ち直れませんでした
現在はBLOGに書けるだけ復活し
まわりの足固めをするためあちこち動きながら いろいろと考えています。

多発性肥満細胞腫になったとき 神様を恨んだ どうしてGUNNがと・・・
でも 何年も経ち やっと GUNNの肥満細胞腫に対する治療方針が決まり
安定してきて これならいける!って思っていた矢先の出来事
そして増えた既往症
高度房室ブロックでおこすアダムス・ストークス発作に僧帽弁閉鎖不全

GUNNは日本一 不運はパグだと思った (不幸じゃないよ不運だよ)
もちろん もっともっと GUNNより大変な子はいるでしょう
でも・・・ あんまりだよ 
なんでこんなに頑張っている子に度重なる不運が訪れるんだ?と落ち込んだ

まだ油断すると マイナス思考に突入し溜息が出てしまうけど・・・
ほぼいつもの私に戻ってきたかな? 
やれることには限界がある でも 助けてやりたいなぁ

最後に・・・ ここまで行き着くために 沢山のお力をお借りしました
この場をかりたご報告となりごめんなさい&ありがとうございました
これからも宜しくお願い致しますっ029.gif
[PR]
by gunn_0615 | 2008-11-18 16:58 | ★心臓(房室ブロック)
<< 2009年 新年のご挨拶 1年半間隔をおいた肥満細胞腫 >>