小春日和とGUNNの受難
d0015943_16543713.jpg

お天気のよい休日 近くの大きな公園まで出掛けて来ました。
この 約1ヶ月半はなんだったのか?と思うほど・・・元気復活です!
夫婦ともども 本当にGUNNのためになったのか?
迷う日々が続いてましたが
やっと 以前のカッ飛びGUNNを見ることができて 家族の笑顔が戻ってきました。
みなさん 本当にご心配お掛けしました。

GUNN 楽しそうでしょ? メインサイトのお引越しに伴い
Daddyのベストショット集を 新しいコンテンツにくわえましたので
電動アシストつき?の 元気なGUNNを是非ご覧下さいネっ
因みにここはDaddy管理のため いつ更新するかは?は・・・不明です <(_ _)> ごめん

公園で遊んだ翌日 ホームドクターを再診してきました。

興奮すると 少しだけ舌の色が落ちたり(白い程度) ふらつくのはどうしてなのか?
私たち夫婦の疑問だった。 
他に考えられる原因としては気管虚脱が影響しているのではと・・・

はぅ~ そんなもんですかぃ?! 2006年1月19日に初めて倒れ
今までに 小さなものを省いても43回意識を失う発作があった。
その間 約3年 自然な流れでGUNNも歳とり 気管も虚脱してたということなのだろう・・・
この3年間 高度房室ブロックばかり目のとまり
その影に潜む 気管虚脱が悪化(併発)してきたことに気づいてやれなかったようだ。

復活したGUNNを注意して見ていると・・・
股関節も膝蓋骨も少しだけ悪化してきて モンローウォークが以前より気になる。
今まで 興奮してふらつくような仕草を
すべて徐脈性の発作として片付けてしまっていたのかもしれないなぁ
歳には勝てない!ってことかな?(笑)

術後 1週間ほど咳が酷かったことや 
1ヶ月半経過しても 咳を一発寝起きや興奮時にすること(術前はなかった)
日に何度か 喉元で痰が絡んだような音がすること などなど
術後かなり湿度を保っていたし 抗生剤を2週間強服用してても 改善してこなかったため
全身麻酔でうけた影響をリセットする意味で
拒痰薬 ポノフェンを7日間だけ処方して頂きました。
気管虚脱はお薬で治るものではないけれど
喉元の痰の絡みが 肺に落ちそうで怖いので 効いてくれるといいなぁ~と思ってます。

さて 最後に・・・・ タイトルどおり 【GUNNの受難】
爪切りが大嫌いなGUNN 
興奮すると発作をおこすため 命をかけて(チアノーゼなんて当たり前)?の作業
先生達もどうしても 顔色をみつつ 短く切れなかったらしい
が! しかし もう大丈夫だろうということで 血管切りを依頼 
爪切り後30分くらいは ピクピク痛がるし 2日ほど手を持つと唸られました(爆)
GUNN至上最高?!の短さです。
我が家の場合 全身麻酔かける場所が二次診療病院ばかりなので・・・
こういったことは拒否られる事多々 ごめん 鎮静も麻酔もなしで(笑)
けど GUNN 楽になったでしょ??? 歩きやすくなったと言ってよジョー(謎)

d0015943_17523273.jpg

[PR]
by gunn_0615 | 2009-03-10 18:03 | ★日々の様子
<< 千葉犬連パグ党 2009年 新年のご挨拶 >>